読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らのあした

語彙力のないジャニヲタがお送りします

学校へ行こう!2015

21年目に入り、V6ファンにとって一発目の大イベント(イベント?)。

もうね、この番組のおかげである意味人生変わっちゃったからね…まさかファンになってからリアタイできるとは思わなかったんですよ。

というわけで、前日の11月2日からテンション上り気味→久々にTV番組が始まる前にワクワクドキドキというような状態でした。

 

登場シーンにて

見てたのは幼稚園~小3の時だったとはいえ、懐かしすぎて

「ああ、懐かしい~(震え声)」

と言って最初から既に泣きそうでした。

あのオープニングをファンになってからも見れるとは…!

4校にサプライズ登場!(未成年の主張に関しては別の項目で)

高校生なので一応、応募はしてたんですが…まあ当たるわけないか。*1

まあそんな個人的なことはさておき。

岡田くんが授業でスベりまくりだったことと、

健ちゃんの例の時の動作が王子様みたいだったことと、

フットサルで剛くんオウンゴールして謝ってたことは印象に残ったんですが、

「う~ん、昔ほど面白くはないな…?」

と、当時の放送を覚えているはずもないのに思ってしまいました。

まあこれはメンバーの年齢が年齢というのもあるのかもしれませんが、ここ数年でTV番組の規制が厳しくなったんだなと感じさせられました。

過去映像!!!

2008年の最終回SPと被ってる映像が多かったですが、すごく面白かったです。

学校の友人たちの中では東京ラブストーリーが好評でした。

永谷さん、「ダボハゼ」って何…?

ちなみに、昨日出てきた過去映像の中で未成年の主張B-RAPハイスクールは少しだけ見覚えがある感じがしたので、少なくとも学校へ行こうは12年前から見ていたことが判明しました。

さらに、その人たちの今が出てきたのも良かったです。

ちび歌姫たちの今が可愛すぎだろ…

個人的には東京ラブストーリーの5人とB-RAPハイスクールのメンバー(主にパークマンサー)の今が見れたのが一番良かったです。

いや~時の流れを感じる…

未成年の主張(今日クラスの人が「やりたい!」って言ってたけど、私の学校屋上あったっけ…?)

これは昔も今も面白いと思いました。

過去映像では、小1の男の子がもうすぐ引っ越す女の子に告白したところでジーンときました。

もうすぐ引っ越してしまう、というのはそれが友人でも好きな人でも悲しいものだけど、小さい時にそういう経験をしたら辛いだろうなと…。

現在(?)の方では、やっぱりあの先生の言葉。

「見逃し三振より空振り三振」(やらないで後悔よりやって後悔)

この言葉を聞いたとき、心に響きました。

これからも忘れないようにします。

愛なんだ 学校へ行こう!スペシャルver.

なんか…見てたらこっちまで泣けてきちゃいましたよ…

健ちゃんからもらい泣きしそうにもなったし…

「V6も学校へ行こうという番組も愛されてるな~」

と思わせられた時でした。

 

 

今日学校へ行くと

学校へ行こう見たよ!」

という声が多数。

最近はみんなが見てる番組というものがないので、昨日の学校へ行こうはみんな見てたんだと思うと嬉しかったです。

そして視聴率。

平均視聴率→17.8%

最高視聴率→22.1%(健ちゃんが泣いてたシーン)

ちょっと待って。

 

こんな数字、最近のバラエティでは滅多に見ないよ!!

 

懐かしくて見たという人も多いだろうけど、それにしてもこの数字はすごいと思います。

それだけ、レギュラー放送してた当時は見ていた人が多く、影響力もあったんだなと感じさせられました。

 

 

 

 

 

*1:というか応募したことを忘れてた

広告を非表示にする