読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らのあした

語彙力のないジャニヲタがお送りします

確かに好きだけどここまで褒められるとは思わなかった #にゅすほめ

NEWS

www.adventar.org

うん、今更なのはわかってる。

企画自体は12月に終わったし、期間中に飛び入り記事も書いた。

 

holdupdownn.hatenablog.com

でもいいネタ見つかっちゃったんだよ!スキー合宿に行ってる間に!!

 というわけで勝手ながらもこんな記事を書かせていただきます。(だってこのタグは自由に使っていいって書いてあったし…)

 

 

今回は

カップリング曲とアルバム曲はすごい

という話をしたいんです。

これは他のグループにも共通してると思うんですが、それは置いておきます。

ファン歴9ヶ月近くでもう麻痺しちゃってるんだけど、NEWSのここ最近のシングル曲にトンチキが多い*1のに対し、シングル曲以外(特にカップリング曲)は王道で壮大なんだと思っています。王道すぎてシングル曲でもおかしくないくらい

…と改めて思ったのは数日前のことです。

昨日までスキー合宿に行っていました。

今度のライブに一緒に行く友達も一緒だったんだけど、その友達のウォークマンに「ライブで歌われるであろう曲」を入れて合宿の日に返しました。

その友達が行きのバスの中などで聴いた感想が「全部に気合が入ってる」でした。

他のグループでも全部に気合は入ってるのはさすがにわかっています。が、櫻井担*2でNEWSファンってわけじゃない友達の心がそこまで動かされるほどだったんだと思いました。

 

 

ここまでが一応前置きなんですが…前置き長えな…(ここまで660字くらい)

 

 

シリウス(アルバム「QUARTETTO」より)

長い前置きの後で申し訳ないんですが、この曲の話はさっきの友達の下り全然関係ないです。この曲は「QUARTETTO」の中でも一番好きなのでゴリ押し(聞こえが悪い)したんですが、友達からの感想がなかったっていう…

前の記事でも色々書いてきましたが、改めて聴いてみても本当美しい。他の方も言っていますがなぜこれがシングルじゃなかったんだ。

聴けば聴くほど大サビのシゲ→手越くんのパートが好きになる。本当に自分はこの人たちと同じ世界で生きてていいのかとさえ思う。

 

ライフ(アルバム「QUARTETO」より)

「いい曲~」とひたすら友達に褒められた曲の一つ。

前の記事では訳のわからないことばっかり書いていましたが、改めて聴いてみると生命力を感じる歌だなと。

1番も2番もBメロの歌詞すごくない??他にありそうな歌詞だけどあんまり聴いた事がないです。

「この火が消えるまで 鼓動が鳴りやむまで その日まで」

(作詞作曲:竹内雄彦 2016年 QUARTETTOの「ライフ」から引用)

特に2番のBメロは心の底から何かが湧きあがってきそうな感じがします。

 

以下、会話文は私:水色友達:ピンクでお送りします

愛言葉(アルバム「White」より)

「“てずてってっとって”って何?(笑)」

「そんな笑わなくても…いや確かに意味不明だと思われるけど…あの曲は元々「愛言葉~てをひいて~」なんだよ」

「…“ずっと愛してる”?」

「そう」

「何か恥ずかしくなってきた…(照)」

意味がわかった途端に急に照れてしまうのはこのこと。

すげー!NEWSだ!!(訳がわからない)

 

日はまた昇る(シングル「チュムチュム」より)

個人的に一番びっくりするほど褒められた曲はこの曲。

日はまた昇る聴いたよ~すごい良い曲だよね」

「だよね~」

「…えっ「チュムチュム」のカップリングだよね?」

「うん、そうだよ」

「シングル曲でもおかしくないくらいだと思う」

確かにこの曲は私も好きだし、ファンになりたての頃に聴いて「すげー!」と思った記憶があります。でもここまで褒められる曲だと思わなくてビックリしました。

他の曲に隠れてしまっていますが、この曲は歌詞・メロディー・伴奏など何から何まですばらしい曲です。これが本当の「隠れ名曲」だと思います。

 

 

 

 

他にも良い曲は沢山ありますが、今回はこの4曲をピックアップしてみました。

中には「トンチキだしな…」という理由でファンでもシングルを買わない人がいるかもしれませんが、それはもったいない!

カップリング曲は本当にすごいから!わざわざ買わなくてもいいからどこかでレンタルして聴いてみて!!

*1:チャンカパーナ~チュムチュム

*2:そういえば櫻井くん本人は「担当」って言葉が好きじゃないって言ってたな…