読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らのあした

語彙力のないジャニヲタがお送りします

一年に一度の魔法特別な日

NEWS

HAPPY BIRTHDAY SHIGEAKI!!!!☆彡

 

シゲの好きなところをあげていこうかと思ったんですが、それは以前書いたので

holdupdownn.hatenablog.com

私が前からやってみたかった「加藤シゲアキといえばこの曲」というのを書いていきます。タイトルと内容の矛盾。なんていうかベタですね。何番煎じだよ…

あと、書いているうちになんだか初心者向け(?)な感じになってしまったので、再びお題をお借りします。

お題「NEWSを知らない君へ」

 

 

加藤シゲアキといえばこの曲

シゲの誕生日が7月11日だということにちなんで、他担も納得するだろうというスタンスで選んだ曲を7曲シゲ担である私の完全に個人的な趣味で選んだ曲を11曲、合計18曲について書かせていただきます。なお、加藤シゲアキ出演のドラマのタイアップ曲は基本的には除外しています。基本的に時系列順、NEWSの曲→ソロ曲で並べています。

 

他担も納得するだろうというスタンスで選んだ曲

NEWSの楽曲

1.I・ZA・NA・I・ZU・KI

収録されているCD:touch(2005年のアルバム)

これは完全に「くっちづけを~」のところがポイントですね。言うまでもないか。

音源の方は元メンバーのパートばっかりなので、シゲの「くっちづけを~」を聴きたい方は「NEWS LIVE TOUR 2012 美しい恋にするよ」のライブ映像を見た方がいいかもしれません。こんな事を言っている私はその映像を実際に見た事がないです(汗)

私がこの曲を初めて聴いたのは、今年のツアーでした。この曲がライブで披露されるのは数年ぶりだと後で知りましたが、今となってはレアになってしまったであろう生「くっちづけを~」のところがあんまり記憶にないっていう…悔しい!ちゃんと調べときゃよかった!!(何を)

2.チュムチュム

収録されているCD:チュムチュム(2015年のシングル)

いきなり10年も飛んでしまって申し訳ない。

ここ数年でシゲ担が急増している(と思われる)んですが、その原因の一つがこの曲だと思います。だって私はこの曲でシゲアキ沼に落ちたから。

holdupdownn.hatenablog.com

この曲のシゲの衣装がフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」みたいだという理由でフェルメールシゲアキ(フェルメアキとも)という愛称(?)がつきましたが、フェルメールシゲアキの美しさよ。本当に。フェルメールシゲアキのウィンクで落ちない人とかいるの???

曲自体は超絶トンチキなのに、シゲに限らずこの時の4人のビジュアルが美しすぎてもはや神。すでに自分でも何言ってるのかわからなくなってるので安心してください(?)

3.ヒカリノシズク

収録されているCD:ヒカリノシズク / Touch(2016年のシングル)

前述のようにドラマのタイアップ曲は基本除外していますが、これだけははずせませんでした。

だって!ドラマの原作・出演・主題歌の3つを加藤シゲアキが同時にやったんだよ!?そんなのなかなかないよ!?!?この曲は涙なしには語れない!!!(ちょっと大げさ)

この曲は加藤シゲアキ原作のドラマ「傘をもたない蟻たちは」の主題歌でした。それだけでも感動的でしたが、シゲが出演するドラマのタイアップ曲だったのでシゲが歌いだしでした。当時の私としては「歌唱力そこまでないのに明らかバラード曲の歌いだしって大丈夫…?」と超絶失礼なことを思っていたんですが、去年の12月のFNS歌謡祭で初披露された時に即座に「ごめんなさいいいいいいい」ってなりました。シゲいつの間にそんなにうまくなってたん…。イケボなのは知ってたはずなのに加藤シゲアキのイケボに殺されかける案件。

それ以外にも、「フルスイング」と通ずるところがある歌詞、4人の力強い歌声…とこの曲には魅力がたくさん詰まっていたので、「両面Aシングルだから初回盤のAとBどっちを買おうか…」と迷っていたのが嘘のように即初回盤Aを予約しました。MVもものっそい美しすぎてしぬかと思った

今年のツアーではこの曲が本編最後の曲でした。曲の前のシゲのあいさつとプラスすると号泣不回避です。

4.Share

5.愛言葉

収録されているCD:LIVE(2010年のアルバム)

             White(2015年のアルバム)

2曲同時に紹介した理由は、この2曲はセットじゃないと語れない部分があるからです。

まずは「Share」。この曲が収録されているアルバム「LIVE」は6人時代最後のアルバムです。そんな中、この「Share」は「NEWSの6人」が作詞作曲した曲です。

そして「愛言葉」。初披露は10周年のツアーででしたが、収録されたのはその1年半後に発売されたアルバム「White」でした。この曲は「NEWSの4人」が作詞作曲した曲です。

「愛言葉」のシゲのパートにこんな歌詞があります。

「『同じ星が今見えるなら ただそれだけで…』」

(作詞作曲:NEWS 2015年 Whiteの「愛言葉」から引用)

これは「Share」の

「同じ星が今見えるなら 僕らはただそれだけでいい」

(作詞作曲:NEWS 2010年 LIVEの「Share」から引用)

から来ているんです。

どちらの曲も自分のパートは自分で作詞するという感じですが、以上のことを踏まえると「Share」と「愛言葉」がシゲにとっていかに大切な曲であるかということがわかります。「Share」の歌詞をわざわざ「愛言葉」の自分のパートの歌詞に入れるくらいですからね。…泣ける

ちなみに、「Share」というタイトルはシゲのパートの

「共有している オト・カゼ・ヒカリ」

(作詞作曲:NEWS 2010年 LIVEの「Share」から引用)

 から来ているのかな~とぼんやり思っていたんですが、実際そうだったことを最近知りました。しかも提案者はどっくん…泣ける(涙腺もろすぎ)

ソロ曲

6.ヴァンパイアはかく語りき

収録されているCD:「チャンカパーナ(初回盤E)」(2012年のシングル)

ザ・厨ニ病

…すいません、ふざけました。真面目に書きます。(はたしてここまで真面目に書いてるのかどうかは謎)

2012年以降のシゲのソロ曲はストーリー性があって私は非常に好きなんですが、この曲はストーリー性がありすぎてAメロはもはや語りになっています。いやメロディは付いてるんだけれども!これは歌と呼んでいいのか!!でもイケボだから許す!!!

ざっくりまとめるとこの曲は

男に恋人がいた→その恋人がダイナマイトのせいで死んだ→悲しんでいたら男の元にヴァンパイアが来た→男はヴァンパイアになった→ダイナマイトを作った張本人であるノーベルに復讐をした→

みたいな感じです。最後の矢印の先に何も書いていないのは、私の理解力が乏しいため最終的にどうなるのかがわかってないからです*1

この曲に関しては(というか他の曲もだけど)考察をしている方がたくさんいると思うので、そちらをぜひ。

7.星の王子さま

収録されているCD:QUARTETTO(2016年のアルバム)

タイトルが発表された時から期待していましたが、期待よりもずっといい曲でした。こんな上から目線な言い方しかできないのが申し訳ないくらいです(語彙力迷子)

それに加え、今回のツアーでの演出が本当に素敵で。

まず最初にあのイケボでの朗読から始まり、息を吹きかけると無線操作で消えていた全てのペンライトをつけ、シゲの朗読で終わる…

全てがイケメンだし世界観が本当にロマンティックだった。Jrの格好も星の王子様風だったりバラだったり狐だったりで、余計にこの曲の世界観が確立されているような気がした。

曲が終わった後の言葉が本当に本当に素敵で。

「王子様は最後に目を閉じてこう言いました。

愛することはね、それは見つめ合うことではなく共に同じ方向を見ることなんだよ。

君なら、分かるだろう?」

NEWS LIVE TOUR 2016レポ~セトリネタバレ付き公演編~ - 僕らのあした

早くライブDVD出ないかなー!!!!

 

シゲ担である私の完全に個人的な趣味で選んだ曲

ここから先は私の趣味に突っ走ります。そして解説を書こうかと思ったんですが、タイトルだけで既に完結してしまったので省きます。

歌いだしのシゲのソロパートが素晴らしい曲

1.バタフライ

2.whis・per

収録されているCD:KAGUYA(2015年のシングル)

             ヒカリノシズク / Touch(2016年のシングル)

ただただシゲのソロパートが素晴らしい曲

3.Smile Maker

4.ささぶね

5.シリウス

収録されているCD:pasific(2007年のアルバム)

             チュムチュム(2015年のシングル)

             QUARTETTO(2016年のアルバム)

シゲのソロパートを聴いて燃え尽きる曲

燃え尽きるという表現については…お察しください(ヒント:QUARTETTO)

6.BYAKUYA

7.Sweet Matini

8.QUARTETTO

収録されているCD:White(2015年のアルバム)

             チュムチュム(2015年のシングル)

             QUARTETTO(2016年のアルバム)

2010年以前のシゲのソロ曲

9.HAPPY MUSIC

10.カカオ

11.シャララタンバリン

収録されているCD:NEWS BEST(2012年のベストアルバム)

 

おまけ

おまけって言ったらアレですけど…明後日7月13日はNEWSの新曲「恋を知らない君へ」の発売日です。「宣伝かよ!」と言われそうですが、この曲はドラマ「時をかける少女」のエンディングテーマで、シゲも主人公の担任役で出演しているんです。

そのタイアップ曲がシゲの誕生日の翌々日に発売って…なんかすごい…(語彙力)

というわけで、この前のMUSIC DAYがきっかけでNEWSが気になってるそこのあなた!!ぜひ買ってください!!!!

 

 

 

恋を知らない君へ【初回盤】(DVD付)

恋を知らない君へ【初回盤】(DVD付)

 

 

 

恋を知らない君へ

恋を知らない君へ

 

 

そして加藤シゲアキさん、改めて誕生日おめでとうございます

f:id:holdupdownn:20160710232615p:plain

星・バラ・カモメは素材お借りしました。髪型間違ってるとか星多すぎとか言ってはいけない。

*1:そもそもなぜこのストーリーにノーベルさんが登場するのかすらわかってない