読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕らのあした

語彙力のないジャニヲタがお送りします

愛がありあまる24時間

NEWS

もう24時間テレビが終わってから半月以上経ってます。知ってます。

さて、私の備忘録として24時間テレビで特に印象に残った部分の感想をここに置いていきます。あくまでも備忘録なので文章がおかしくてもクレームを受け付けません。そもそもクレームなんて来るほど読者多くない

 

 

1日目(8月27日)

オープニング(青空レストラン放送直後を含む)

青空レストラン直後に武道館の前でメインパーソナリティーが「この後は24時間テレビ」みたいな感じで言うのは知っていたんですが、この時に「もう1年経ったんだな~」としみじみ1年前のV6とJUMPがメインパーソナリティーを務めた時のことを思い出していました。やはりオチは手越くん(笑)去年のオチは岡田くんだったから今年は手越くんだと思ってたよ(?)

オープニングはNEWSの曲ではなくKANさん本人が伴奏をした「愛は勝つ」。去年は普通にV6の「WAになっておどろう」だったので少しビックリしましたが、よくよく考えてみれば一昨年のオープニングも「愛は勝つ」だったような気がしました*1…間違えてたらすいません。

 

スペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生」

緒ノ崎くん(小瀧望)が何年かぶりに淑則先生(加藤シゲアキ)に会いに行ったら、そこには昔熱血教師だったとは思えないほど変わり果てた淑則先生がいた、というシーンから始まったわけですが…このシーン正直怖くて少し泣きました。今まで見てきた24時間テレビスペシャルドラマ*2の中で一番暗い始まり方で、緒ノ崎くんが衝撃を受けたようにテレビの前で見てた私も衝撃を受けました。それで泣くってどういう事だろうね。

それにしても真弓さん(沢尻エリカ)本当強い人だよなあ…。緒ノ崎くんが来た時の淑則先生の反応を見て「そんな生き方で恥ずかしくないの!?」と正面からぶつかり、「目の見えないお前に何がわかる!?」と言い返されても「あなたは心を失ったのよ」「心は取り戻す事ができる」と言い返す…いやあ強い。このシーンでの真弓さんの言葉が心に響きました。

淑則先生が教師へ復職を目指すのに熱心にサポートするのが青井さん(小泉孝太郎)*3。すごい熱心な人だという一方、大澤町長(中村梅雀)との話がうまくいった後真弓さんの前でモー娘。の「LOVEマシーン」を淑則先生と一緒に歌うという仲の良さ。淑則先生って本当人に恵まれているんだなあと感じました。

淑則先生視点で世界からだんだん光が無くなっていく様子が見ててつらかったです。その分、最後に桜が「どんな色だ?」と生徒たち(高橋優斗、井上瑞稀、橋本椋)に尋ね、生徒たちが説明していく中で淑則先生の世界に桜が色づいていくシーンがとても綺麗で泣きました。ドラマ終了後Twitterを見たら「淑則先生が想像してる桜って実際の桜よりも綺麗なんだよな…」という感じのことを言っている人がいましたが*4、本当その通りでした。

 

さてここからはストーリーとはあまり関係ない感想を。

宮城先生(若林正恭)思った以上に唐突に登場したな…。というか淑則先生と距離近くね!?…と思ってたらまさかのキスしてしまうという事故が*5。ここまでほぼずっと暗かったのに急にギャグシーンが入るから一気に気が抜けました(いい意味で)。ちなみにこのシーンで笑った人はやっぱり多かったみたいです。

榊さん(小山慶一郎)出てきた!と心の中で言っていただけなのに後ろで母が「慶ちゃん来るかな~…出た!」と言っていたので「この人ファンだっけ…」と一瞬考えてしまいました←

榊さんは厳しいリハビリ支援員ということで淑則先生を厳しく指導。その後すぐに盲導犬との訓練のシーンに変わってしまったので「あれ、相関図に名前があった割には…」と思ってたら卒業式(?)のシーンで再び登場。

榊さん「新井さん…いや、淑則さん!よくここまで頑張りました!!

テレビの前の私「!?」

そしてハグ…っていやいやそれ淑則先生と榊さんじゃなくてコヤシゲだからな!?素に戻っちゃってるからな!?と誰もが思ったはず。あと榊さんが目ウルウルさせてたのがなんか気になってしまいました。そんでもってドラマの感想で一番書きたかったのここかもしれない。←ウソです。

ちなみに代役に関しては「最初から小山くんでよかったんじゃないの?」と何人かに言われました。そうしたら慶ちゃんがevery.で忙しいとかそういう以前に小瀧くんとかJr.とかも出てるからジャニーズばっかりになってしまうんだよな…

 

何よりも今回、主演を務めたシゲが大熱演!だったので、このドラマへの気合と熱意を感じました。

 

 

2日目(8月28日)

淑則先生が担任を受け持った元教え子と26年ぶりに再開

この部分はタイムテーブルに載っていないので正確なタイトルは忘れました。

個人的な話になり申し訳ないんですが、この話の時に中3の時の担任の先生の事を思い出しました。この先生というのは女の先生なんですが、優しくて教え方もうまい良い先生でした。若くて可愛いというのもあって、生徒にも人気のある先生でした。しかし、その一方でメンタルは決して強いとはいえない先生でした。そのため学校を休むことも増えていきました。

そして中学卒業の日。先生が学校を辞めるという事を初めて私たち生徒に伝えられました。

いきなりの事なので生徒は困惑。私たちのクラスは当然色紙も何も用意していないので、クラス全員で「3月9日」を歌おうという事になりました。「3月9日」は同年の音楽会のクラス合唱で歌った曲です。先生もクラスメイトもみんな泣いている中、いつも泣き虫な私はなぜか泣きませんでした。なぜなのかはわかりませんが、それもあってか帰りの電車の中で涙腺が緩みそうになりました。今でも私はあの先生が大好きです。というか、私の中であの先生を越えられるような先生に出会った事がないしこれからも出逢う事はないだろうと思います。

状況は全然違いますが、担任の先生と別れるつらさは十分わかります。それがみんなに慕われている先生だとなおさら。なので、淑則先生と元教え子のみなさんが再会したあたりから涙が止まりませんでした。なんならドラマよりも泣いていたかもしれません。

 

見るポイントが全然違うというのはわかっているんですが、忘れかけていた事を思い出させてくれてありがとうございました。

 

盲学校&ろう学校の生徒がチャレンジ!総勢130名!一糸乱れぬよさこい大パフォーマンス

踊っている時、NEWSも生徒さんたちもよさこいの人たちもみんなみんな、輝いていました。輝いているなんて表現、アイドルが好きな人たちがよく言うのでバカにされるかもしれませんが、あの場で踊っていた全員が本当に輝いていたんです。終わった後のさきちゃんの涙を見て、一生懸命練習に励んできたという事と、あの輝きはその練習があってこそだという事が伝わってきました。

その後の東子ちゃんの手紙でNEWSが見せた涙も綺麗すぎて、ご飯食べながら見てたのに泣きそうになりました。ここに来て手越くんが涙を見せるとは…*6…それにしてもメインパーソナリティーが全員同時に泣く光景って稀にしか見ないよね。

 

フルスイング

NEWSと一緒に仕事をする機会が多い羽鳥さんがNEWSについて話し、7年前に6人でメインパーソナリティーを務めた時の映像が少しだけ映り、今の4人が映り…とここでまっすーが少しだけ泣きそうな顔をしていたのに気付きました。「ちょっとヤバいかもな…」とぼんやり考えていたら「フルスイング」が流れてきました。私はこの曲が流れてきた瞬間に既に泣いてしまったんですが、Aメロでまっすーが泣いて歌えなくなった姿を見て「わああああああああ」ってなりました。崩れてはない。

この時は美恋の映像をちゃんとは見た事はなかったんですが、私の中で美恋の「フルスイング」はまっすー以外の3人が泣いている姿が印象的*7だったみたいなイメージでした。なのでその後の慶ちゃんとシゲ(泣き虫組←)が歌いきってる姿にも、大サビで手越くんが涙を目に溜めながら歌っている姿にもまた涙が出てきました。

歌が終わってから4人が集まり、羽鳥さんが「これがNEWSの生きる道です」と言って「本当にいいグループを好きになったな」と思いました。何気に24時間テレビの中で一番泣いたのはこの「フルスイング」だったな。

 

 

総括:NEWS好きになってよかった。

 

おまけ

友達からの感想まとめ

「他のところは見れなかったけどドラマだけは見たよ」という子が多かったので、ドラマの感想が多めです。

あと、よさこいを見たニノ担Aちゃんは手越くんの涙を見て泣いてしまったそう。Aちゃん去年の今頃は「手越wwww」みたいな感じだったのに急にどうした…全然いいけど…

*1:嵐担の友達からは「普通メインパーソナリティーの持ち歌じゃないの?」と聞かれたんだけど嵐の時は嵐の持ち歌だったのかな?

*2:2014年「はなちゃんのみそ汁」と2015年「母さん、俺は大丈夫」と今年

*3:前も少し言ったけど私は小泉さんが好きなので、シゲと共演するシーンが多くて嬉しかった

*4:すいません誰が言ってたか忘れました…

*5:もちろん演出な

*6:ワイプで少し泣いてる所あったけどね

*7:まっすーが全く泣いてたわけじゃないけどね